洞爺湖と伊達市で開催中のヨガクラス、ホリデーナイトヨガの公式ブログ。ヨガのことや旅のことなどを綴っております。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

アコーディオンの演奏発表会


昨年の9月から習い始めたアコーディオン。
地道に、密かに、練習を続けております。

実は11月7日(日)、札幌の「芸術の森」のアートホールで
私にとって初めての演奏発表会があったのです。

月に2回、ニセコの先生の所へ通っているのですが
札幌にも教室があり、生徒さんの殆どは札幌の方でした。



今回で教室の発表会は14回目を迎えるのですが
先生が札幌で教え始めてから20年とのこと。
すごいことです。
まさに継続は力なり。


どうしてアコーディオンなの?と聞かれることも多いのですが
それはやはり、アコーディオンに魅了されたものだけに分かる浪漫なのかもしれません。

生徒さんの中で最高齢の方は、なんと86歳のおじいちゃま。
お孫さんが付き添って、アコーディオンを装着する際にお手伝いをしてあげている姿が、何とも微笑ましかったです。

おそらく私の父と同じ歳くらいの、楽器を習うのは始めてというダンディーな男性もいらっしゃいました。
その方は、亡きお母様に聴かせてあげたいという思いで始められたそうです。

これからアコーディオンの世界コンテストに出場される、
凄腕の女性もいらっしゃいました。
それはもう、素晴らしい演奏でした。

このように皆、さまざまな思いを胸に
この楽器を抱いているのかと思うと、胸が熱くなりました。



間違ったりもしたけれど、楽しく心潤う演奏発表会でした。
何か、本当にすごく良かったです。
また来年も出たいです。


そしてその後は、
我らが姉やんに会いにkitaraへ。



そうです!!



綾戸智恵のコンサートのチケットが取れたのです!!



流石は姉やん、チケットは勿論完売。
全席指定なのに、開場前から長蛇の列。
50代〜60代の女性が圧倒的に多かったです。

コンサートはもちろん最高でした!!
オープニングは、ムーンリバー。
格好良かったー!!!!
そしてトークにも始終笑いっぱなしです。
きっと皆、元気になりたくて綾戸姉やんに会いにくるのでしょう。
『エンターティナー』とは、彼女のような人のことを言うのだと思います。


音楽に溢れた一日になりました。




*********************************************

ヨガブログ・旅ブログランキングに参加しております♪♪
クリックをお願い致します♪♪

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村


とうとう私にも

パートナーができました。

イタリア出身で、一目惚れです。



念願のマイアコーディオン。
VICTORIA イタリア製 120ベース・41鍵 中型
最高です。

この地球マークもお気に入り。


アコーディオンライフが、一層楽しくなりそうです♪♪

*******************************

ヨガブログランキングに参加しております♪

クリックをお願い致します♪♪



にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村
冬のアコーディオン

私 「先生、12月ってやっぱり雪積もってますかねぇ…。」

先生 「冬は僕が出張しましょうか?」

えー!!先生、本当に良いんですか!!
ありがたや〜。ありがたや〜。
これからは益々練習頑張ります!!

というわけで、冬も安心してアコーディオンを続けられる♪♪
先生、本当にありがとうございます。

今回先生にお借りしているのは、BUGARIのアコーディオン。
これがまたいい音を出すんです。
あー、欲しいー!!

先生のアコーディオン



ジュリエッティ。イタリア製。
何て美しいのー。

もっと弾けるようになったら、自分のアコーディオンをゲッツ!!

アコーディオンと秋の風

羊蹄山は雪化粧。
ニセコのアコーディオン教室は、
古い昔ながらの小学校を改築したユースホステルで行われる。



ススキが揺れて、すっかり秋模様。

前回の課題曲、ジングルベル・きよしこの夜・カプリ島は
なんとか合格を頂き、今回の課題曲は5曲ほど。
秋の空気にぴったりの曲が多い。

ベースのコードやリズムも段々複雑になってきたけど
やっぱり面白い!!
ピアノやエレクトーンとは全然違って
蛇腹の空気加減で曲調が驚くほど変わる。
そこが難しくもあり、アコーディオンが奏でる音色の
最大の魅力でもあるんだろうなー。

冬も頑張って通おう。
北海道の長い冬、
アコーディオンの温かい音色が心に染みる季節でもある。

アコーディオンとクリスマス

本日はHOLIDAY MARKET TOYAの定休日。
というわけで、二回目のアコーディオン教室へ。

無事、サンタルチアとエーデルワイスに合格点!!
妹に「吐き気がする。」と言われながらも
ヘビーローテーションで(しかも店内で)、
この2曲をひたすら練習した甲斐があった。

妹よ、次の課題曲を頂いてきたぞ。

今回は3曲。
・カプリ島(とっても爽やかなタンゴ!!)
・ジングルベル
・きよしこの夜

クリスマスの曲が含まれてる!!
「今から練習しておけば、クリスマスに弾けるでしょ?」と
先生の粋な計らい、粋なセレクト。


クリスマスは好きだ。
宗教云々は抜きにして、
この時ほど、みんなが一斉に他の誰かを思う日って
他に無いんじゃないかな。
「あの人に何を贈ろうか」
「家族みんなでご飯を食べたいな」
「ケーキを買って帰ろうかな」
思いは様々、いろんな形があるけれど
クリスマスになんだかちょっと心があったかくなるのは
きっと数え切れないほど多くの人たちが
自分のことではなく、他の誰かを思っているからなのかも。


クリスマスに
一人の人も、誰かと一緒の人も
ちょびっとだけ心がほっこりするような
そんなアコーディオンを弾けるように頑張ろう。

まだまだ練習の日々は続く。
動け動け左指!!





アコーディオン
昨日はホリマとめむはうすの定休日。
姉と妹は、仕入れで東京に行っているため
久しぶりに両親と私でニセコへ行ってきた。

私の目的は、アコーディオン。
ニセコに素晴らしいアコーディオンの先生がいることは、何年か前から知っていたが
なかなか一歩踏み出せずにいたところを、
札幌のアコーディオン奏者のヤギさんが背中を押してくれた。

アコーディオンに惹かれて、かれこれ3年。
やっと始まる完全趣味の習い事。
これだけは、ゆっくり楽しみながら続けていきたい。
70歳くらいになって、子供たちから「アコーディオンばーちゃん」と呼ばれるのが目標だ。

ニセコで、昔ながらの古い小学校を改装してユースホステルを経営されている先生。
アコーディオン教室は、小さな体育館で行われる。
とっても良い雰囲気で、すごく懐かしい気持ちになる空間だ。

初めてのレッスンは、なんとか無事終了。
左手のベースボタンがとても難しいけど、
ひたすら基礎練習を頑張らなくては!!

次回までの練習曲は、「エーデルワイス」と「サンタルチア」。
両方とも大好きな曲だ。

洞爺湖はオフシーズン前で、人通りも少なくなってきたので
店の前のベンチで練習しようかな。
変な音が聞こえても、どうか温かく見守ってください。



<オマケ>
「いいな〜いいな〜、父さんもアコーディオンやってみたいな〜。」
62歳の父が、そんなことを1ヶ月前に言っていた。
どうやら何か一芸を身につけたいらしい。

先生に父の話をすると、快く体験レッスンを受け入れてくれた。


先生と一緒に「ふるさと」を演奏する父




「父さん、上手だよー!!」と、かけ声を忘れない母




とっても和やかな時間だった。