洞爺湖と伊達市で開催中のヨガクラス、ホリデーナイトヨガの公式ブログ。ヨガのことや旅のことなどを綴っております。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 屋久島一人旅 白谷雲水峡と太鼓岩 | main | 熊本・日奈久温泉 路地裏ツーリズム。 >>
アオウミガメに出会った屋久島の海。


屋久島滞在二日目は、ダイビング。
2010年にアドバンスライセンスを取得してから一度も潜っておらず、
約一年半ぶりです。

そもそも、今回屋久島に行こうと決めたのは
アオウミガメを見たかったから。
自宅でもカメを飼育しておりますが、
ウミガメはまだ水族館でしか見たことがありません。

というわけで、海中でのウミガメの様子を
一度見てみたかったのです。


今回お世話になったダイビングショップ『もりとうみ』のオーナー・原崎さんに
アオウミガメのポイントに連れて行っていただくことになりました!


岩場からのエントリーで、最初は緊張してガッチガチでしたが
(その節は、原崎さんに申し訳ないくらいお世話になりました。本当にありがとうございました。)
一本目のダイビングを開始してわりとすぐに、
なんと念願のアオウミガメに遭遇!

もうその時の感動と言ったら、言葉にするのが難しいほどです。
あの優雅に泳ぐ姿。ずっと見ていたかったー。

あまりにも感動しすぎて、すっかりカメラに収めることを忘れてしまいました。
一生の不覚。
まあでも、自分の目でしっかりとアオウミガメを見ることができたから
良しとします。


アオウミガメの他にも、北海道では見られない色とりどりの生き物たちに会えました。













水中写真は本当に難しい。
また色々と課題が増えました。


今回お世話になった『もりとうみ』さんのホームページで、
オーナー・原崎さんの撮った素晴らしい写真を見ることができますので
ぜひご覧くださいませ。(アオウミガメも見ることができますよ!)


ダイビングの後は、



トビウオの刺身定食を美味しくいただき、
民宿に戻り洗濯などを済ませてから、徒歩でお散歩に。


さっそく素敵な出会いが。



猫の集会。

近づいて写真を撮ろうとしたら、



行列ができちゃった。



混み合ってます。



たまりませんねー。



またね!


また歩き始めて、ふと目を下にやると



あれ、ヤクザルさんのタイル。

お次は、



ヤクシカさんが登場。

こうなると、他に何があるのか気になってきます。



ヤクスギ!

そして、



アカウミガメ!!(いなか浜に産卵にくるウミガメです。私が見たのはアオウミガメ。)


下を向いて歩いていたら、路地にたどり着きました。



美容室はいから。いいネーミングです。

路地を抜けて、海沿いをてくてく歩いていくと



神社を見つけました。
知らない町の知らない神社を訪れるのも
私の趣味のひとつ。
早速お邪魔します。



仁王像を発見。



結構なお手前です。こういうの大好きです。



後ろの木が気になる!

というわけで、



後ろに回ると、「くぐってくれ!」と言わんばかりの蔦?枝?



くぐって、木の後ろに行ってみよう。



すごい!ラピュタみたい。



横からだと木登りもしやすそうです。
私が地元の小学生だったら、格好の遊び場ですね。




椿もたくさん咲いていました。



八重姫でしょうか。きれいですねー。





鳥居の近くには、地元の方が書いたのか
絵馬がたくさん吊してありました。



類語オンパレードの絵馬。いいですねー。




なくしたものは、見つかったかな。




地元の人たちに愛されている神社は、



とても居心地がいい。


さらに路地を抜けると、



カフェを発見。



海を眺めながら、珈琲とケーキをいただく。
至福のひととき。



ゆっくりと日が暮れていきました。


屋久島での夕食は、二日間とも地元の方と居酒屋へ。
屋久島の芋焼酎「三岳」と、トビウオのすり身を揚げた「つけあげ」が
とても美味でした。


そうそう、今回宿泊した民宿「やくしま89」さんも
非常に良かったです。



女将さんがとても親切な方で、帰りは空港まで送ってくださったり。
ご主人がお土産をくださったり。至れり尽くせりでした。
本当にありがとうございました。
ご主人は、「私はね、北海道びいきなんですよ。」と豪語されていましたが、
部屋にあった「ある物」を見て、なんとなく納得しました。



日高牛乳!!こんな所でお目にかかれるとは!



ちょっと嬉しいです。


民宿「やくしま89」さんは、
おばあちゃん(ご主人のお母さん)が住んでいる自宅の二階を
宿として使っているような感じでした。



お風呂に入っていたら、おばあちゃんがガラリとドアを開けて
「宮崎さん、ここにタンカン置いておくから後で食べてね。」という一幕もあり。
本当に田舎のおばあちゃんの家に遊びに来たような、
愉快で温かな気持ちになりました。
私には、もう祖父母がいないので
尚のこと心にじんわりと染み入りました。

おばあちゃん、ありがとうございました!
これからもお元気でいてくださいね。




女将さんやおばあちゃんからいただいたタンカン。
黄色いのは、ダイビングの原崎さんの奥様からいただいた日向夏。


屋久島の方々は、皆さん本当に温かかったです。
また必ず行きたいと思います。



次回は、熊本・日奈久温泉の一人旅を綴りたいと思います。


*********************************************

ヨガブログ・旅ブログランキングに参加しております♪♪
クリックをお願い致します♪♪

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://holiday-yoga.jugem.jp/trackback/182
TRACKBACK