洞爺湖と伊達市で開催中のヨガクラス、ホリデーナイトヨガの公式ブログ。ヨガのことや旅のことなどを綴っております。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 7月のHOLIDAY NIGHT YOGA | main | 8月のHOLIDAY NIGHT YOGA >>
学生時代の奨学金


京都でぬくぬくと学生生活をおくっていた2000年3月31日、
私を取り巻く環境が一変した。
故郷の有珠山が噴火したのだ。しかも火口は、実家のすぐ近く。

家族や愛犬が無事とわかり、まずはほっと胸を撫で下ろした。
しかしながら、次の不安が押し寄せる。
両親は自営業で、これから避難所生活が続くとなると
当然収入は無くなる。今までのようにはいかないだろう。
大学に通い続けられるのだろうか。かと言って、帰るにしても実家は避難区域。
戻る場所もない。

途方に暮れていたそんな時、通っていた大学から電話が来て、
すぐに第一種奨学金を貸与してくれるという。
さらにお見舞い金の給付のほか、確か学費の減免措置もしてくれた。
両親以外に、金銭面で頼る場所があることが
学生にとってどんなにありがたいことか、おそらく同じ境遇の人ならわかるだろう。

大学と、当時の日本育英会(現在は日本学生支援機構)のおかげで、
私はなんとか窮地を脱することができた。

その時から心を入れ替えて、両親の負担を減らすべく、
学業の合間を縫うように、昼はカメラ屋で、夜はバーでアルバイト。
漬物屋やパン工場、酒の工場など短期のバイトもいろいろ経験した。
大変だったけれど、いろんな職業を体験できたことは
今となっては宝である。

そして2003年、無事大学を卒業した。


なぜ今、こんな記事を書くのかというと
2014年5月、ようやく奨学金の返還が完了したことを機に、
自分の学生時代を振り返ってみて
たくさんの恩恵のおかげで卒業できたことを、今の自分があることを、
ちゃんと胸に刻んでおきたいと思ったから。


そして、こうも思う。

今、もし返還できる状況にあるのに、それを怠っている人がいたとしたら
もう一度、自分の学生時代を思い出してほしい。

それと同じように今現在、苦しい中でがんばっている学生たちのためにも
大人として、返還の義務を果たしてほしいと切に願う。


ともあれ、奨学金の返還が終わり
晴れて(本当の意味で)大学を卒業できたような気がする。

こんなにも初々しい心持ちは、久しぶりである。




*********************************************

ヨガブログ・旅ブログランキングに参加しております。
ぜひともクリックをお願い致します!

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
奨学金完済おめでとうございます。

これから本当に世の中のために貢献していくステージですね。

聞いた話では育英会さんも資金難みたいですね。

日本経済がこんな状態だからこの状態は容易に想像ついた結果ですが、、、

キチンと返済する方も少ないとのこと。完済されたとは素晴らしいですね。
むさしのヨギ | 2014/06/18 20:49
むさしのヨギさま

ありがとうございます。
今後も精進いたします…!
HOLIDAY NIGHT YOGA | 2014/06/19 11:21
COMMENT









Trackback URL
http://holiday-yoga.jugem.jp/trackback/242
TRACKBACK