洞爺湖と伊達市で開催中のヨガクラス、ホリデーナイトヨガの公式ブログ。ヨガのことや旅のことなどを綴っております。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 粋(いき) | main | 南インド・ヨガの旅 >>
洞爺湖の夢

「今日も気持ちの良い天気ですねぇ。」
行き交う人々が挨拶を交わす。

坂道の脇には、力強い幹を持つ桜並木。
自転車で一気に下ると、湖にそのままドボンと行ってしまいそう。

森の小道を歩いていたら、木の上から笑い声。
子供たちが木登りをして遊んでいる。
森は子供たちの格好の遊び場だ。

狭い路地には昔ながらの駄菓子屋さん。
おじいちゃんは、いつもこっそりおまけをくれる。

お昼近くになると、街は人で賑わう。
行きつけの喫茶店で食事をする人。
道路沿いのカフェテラスでコーヒーを飲む人。
湖畔でゆっくり読書をする人。
散歩を楽しむ人。
水遊びをする人。
手漕ぎボートの上で昼寝をする人。
皆、思い思いの時間を過ごしている。

夕方になると、古い小さな映画館がひっそりと営業を始める。
どうやら昔ストリップ劇場だったらしい。
映画は一日一本だけ。
フィルムはいつも「ローマの休日」か「カサブランカ」だ。

日が暮れて、家々に明かりが灯り始めたら
ここからは大人の時間。

馴染みのバーで、その場に居合わせた人たちと
会話を楽しむ男女。
夜の静かな湖畔をゆっくり歩く夫婦。
街の明かりが届かない丘の上で
仲良く寝ころんで星を眺める三姉妹。

穏やかに、それぞれの一日が終わる。


そんな、何の変哲もない洞爺湖を夢見る。


この雄大な自然の中で生きることを許された私たちは
これ以上自然を壊さず、その中に無理なくどう溶け込んで生きるかを考えるべき。

主役は自然。
住む人々は脇役で良い。

この街が好きだ。
だから考える。

洞爺湖の未来を。



スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://holiday-yoga.jugem.jp/trackback/9
TRACKBACK